ハセガワ1/24 EXターボWRC仕様プロトタイプに挑む 17

皆さん、こんにちは。

フジミのホイールには驚かされ、テンションだだ下がりってしまいましたが、何とか正気を取り戻しますた。
意見書は出しました。

と言いつつ、2月も今日で終わりですね。
今年も残すところ後10ヶ月となってしまいました。

プロとくんの続きです。
ボディーのクリアー塗装を行いつつ、今日は「削り作業」に徹しました。
先ずは、フロントバンパーに付く「メッシュ」です。
EXプロト151.JPG
元はBEEMAXの物なので、ハセガワのには当然合いません。
立て幅は何とかなりますが、横幅がかなり違っていますので、ルーターとダイヤモンドヤスリで削っていきました。
左側が削り始めた箇所です。

かなり疲れました。
もうちょっと続きます。
EXプロト153.JPG
上辺の切り欠きも位置が違うので、内側に広げました。

バンパーに合わせてみました。
EXプロト154.JPG
まだチョットきついですが、何とか上手くいきました。

正面から見てみませぅ。
EXプロト155.JPG
いいんでないかい?
ちなみに、バンパーは使わない方のWRC仕様のバンパーです。

削り方もう一つです。
フォグランプのランプボディーの形状均しです。
使用するのは、ハセガワ1/24 ランサーエボⅣサファリラリー用のジャンクパーツです。
大きな方は、ランプの揺れ止めサポートがモールドされているので、これを削りながらボディー全体を均していきました。
EXプロト156.JPG

小さい方のランプは、同じくジャンクパーツのウィングライトです。
取り付けステーを切り取った後、ボディー形状を修正していきました。(まだ片方だけですぅ~。)
EXプロト157.JPG
EXプロト158.JPG
右:修正前 左:修正後 です。

ついでに大きなフォグランプは「スポットランプ」なので、レンズのカット面を均していきました。
EXプロト159.JPG
この後、高番手のペーパーとコンパウンドで磨きを入れます。

ボディーのクリアー吹きはこの時点で3回目を終了したので、一晩乾燥させていきます。

と言うところで、今回はここまでです。

では。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

オートビルダーS
2021年03月01日 08:03
おはようございます。
削って削って現物合わせ。
流用パーツを使う場合避けられない工程ですね。
クリアパーツの磨きも手間ですが、
完成後にやってよかったと思える作業ですね(^^)
日の丸航空隊
2021年03月01日 08:36
オートビルダーSさん、おはようございます。(^^)

>削って削って現物合わせ。
>流用パーツを使う場合避けられない工程ですね。

流用パーツがあったから良かったものの、新たに請求するようかと焦りました。(^^;)
削って使えるなら、安いもんです。(^^)

>クリアパーツの磨きも手間ですが、
>完成後にやってよかったと思える作業ですね(^^)

そうなんです。
一見目立たないようなパーツですが、完成後は顔の正面に来るパーツなので一手間かけます。
やって良かったとなるよう頑張ります。(^^)
2021年03月01日 11:21
加工することで使えるパーツがあって良かったですね。
一から作るとなると大変ですし、新たにパーツを請求するのもお金かかるし。
あと問題なのはホイールだけですね・・・
日の丸航空隊
2021年03月01日 13:02
ヒロシさん、こんにちは。(^^)

>加工することで使えるパーツがあって良かったですね。
>一から作るとなると大変ですし、新たにパーツを請求するのもお金かかるし。
>あと問題なのはホイールだけですね・・・

最初は「無理かな?」と思いましたが、パーツにあてがってみたら「何とかいけそう」となって、削ってみました。
結構大変でしたが、ピッタリ嵌ったときには嬉しかったですね。
パーツ請求は、金額の事もあるのでやめました。(^^;)
最悪はメッシュ貼りでと思っていました。

ホイールがねぇ~。(-_-)
仕方がないので、取り敢えずこのまま一応完成させます。